給与計算 給与労務に関して質問させて頂きます

給与計算。給与、労務に関して質問させて頂きます。類似の質問がある様でしたが、勉強不足で理解が出来ません。そんな私にお付き合い、ご協力のほど、ご回答をお願い致します。 ①有休休暇の付与に
ついて。私は今の会社に中途で付で入社しました。その半年後、2016/6月に有休が10日間付与されました。給料明細によるあることで有給の残高を確認したく、有休を管理してる人に聞きましたところ、翌年今年2017、4月に10日間付与される予定だと、確認し、回答を得ました4月に一斉付与、本来6月に11日間。※就業規則等にそれは記載がなかったと思います。もしかしたら、書いてあったかもです。後日確認します。そこで質問です。労基法では、入社半年後に10日、入社1年半後に11日、入社2年半後に12日と最低限の事を定めてますが、上記のような一斉付与の場合、入社後1年半たっていない為、10日間の付与になってしまいますか?付与を前倒しは可能でも遅らせるのは違法だとか。1年半経過はしていなくても、2回目の付与にあたると思い11日間ではないのでしょうか?また、来年2018年4月付与されるのは11日間となるのでしょうか?②給与明細の基本給について給与明細の基本給には、基本給のみの金額が書いてあると認識してもよろしいのでしょうか?残業代を計算するにあたり、どうも計算があいません。③このような労基法の事を相談するにあたり、会社の関係者ではない方で、無料で相談に乗っていただける方はいるのでしょうか? 以上3点、皆様の知恵をお貸しください。また、情報不足でしたら申し訳御座いません。宜しくお願い致します。①これだけでは違反とはいえません。法で支給すべき時期より早く付与しており、また付与すべき時期にはその不足分も付与しているわけですから。ただ毎年このような4月に全付与するのではなく一部だけ付与し、その後に不足分を付与する方法なのでしょうか。法律というより、事務手続きで大変です。②これは実物を見ないと何とも言えません。③労基署です。または社労士会が行う労務相談会などです。
.労基署で聞いて下さい。.詳細は、Web検索のキーワードに「働くときの基礎知識」と入力し、全国社会保険労務士会連合会の説明や、Web検索のキーワードに「知って役立つ労働法」と入力し、厚生労働省の説明などを読んで下さい。
①労基法の通りですとで10日、に11日の付与が必要ですね。有給休暇の付与を前倒しする事は問題ないと思いますが後倒しや日数を減らす事は出来ません。ご質問のケースは2016年4月に10日、2017年4月に10日となっていますが.2017年6月付与分から1日不足してしまいます。6月に不足分1日を付与しなければ労基法違反となります。②基本給になるかどうかは名目ではなく実質で判断されますので給料明細の記載だけでは何とも言えません。③労基法の相談は労基署で受けてもらえます。
手続き業務について。社会保険労務士のドキュメンテーション業務としてこのようなものがあります。 給与計算業務. 労働保険?社会保険手続業務. 各種許認可申請 . な業務を行います> ?給与 計算明細書発行?ファームバンキング?システムによる振込依頼?賃金台帳他各種帳票類発行 . 顧問先様ごとに担当者が処理するのではないので、手続担当グループ全体で顧問先様の手続きをサポートさせていただきます。 ④給与担当 . いただきます。 ? 電話質問応答サービス?スポット事務契約サービス料金は、オプション制にて設定しております。給与計算。人事労務に関することをいつでも相談できる窓口が必要なお客様向けの顧問契約から、 給与計算のみお願いしたい、あるいは自社で . また、給与計算事務についてお客様に最適な業務フローまでをご提案させていただきます。 . 操作指導料???日当 20,000円9:00~17:00まで×2~3日間 導入後1ヶ月間は、電話?FAX?メールでの質問は無料で対応させていただきます。 . あとは、帳票類を社内で出力できるようになったことです。給与計算。業務給与計算についてのご説明。給与計算は労務の要であり、限られた時間の中で正確に行わなければなりません。実績?経験豊富な当事務所にご相談ください。 . 信頼できる社外人事部として、お客様の成長、発展に貢献いたします。 HOME業務内容給与 . 給与に関して法律的な疑問が発生した場合、すぐにご質問頂けます。 . 試行期間~原則として1、2ヵ月並行して給与計算を行います . 最終確認後、帳票類給与 明細、支給控除一覧表、部門別一覧等を納品します 給与明細の電子化にも対応しています.給与計算アウトソーシング業務。給与計算アウトソーシング業務をご依頼頂くことで以下のサービスをご提供させて頂き ます。 . 当事務所では、給与計算業務を行う上で、最も重要なポイントは、労働時間管理勤怠管理であるという位置づけから、会社の勤怠管理方法の問題点の洗い出しを.給与計算アウトソーシング。給与計算業務のアウトソーシングなら東京都江東区の社会保険労務士井上徹事務所へお任せ下さい。 . 賞与計算, 年次, 一般的には年2回夏季、冬季支給される賞与について、支給データの入力や控除処理を行います。 年末調整処理, 年次, 毎年12 . 当事務所では、毎月の給与計算業務、賞与計算業務を適切に行わせて頂きます。 また、当事務 . を行います. まずは、担当者がお伺いさせて頂き、詳細のヒアリングを行います。 . その他、必要な帳票類はお申し付け下さい。 . ご納得いくまでご質問下さい。 面談での.給与計算。福祉事業所の毎月の給料計算事務を代行させていただきます。社会保険労務士 . 労働?社会保険の手続き代行や人事?労務に関する相談サポートも一般的に付加されます。 . 給与ソフトや事務ソフトの保守料金や帳票類のコストもばかにならない。 給与 計算を . 事業所の人事や労務に関するご質問や改善点はたくさんあるはずです。 基本的な.社会保険。ただし、原則として帳票類の作成?提出代行や行政機関等の調査、もしくは処分に関して 、主張もしくは陳述について代理すること等は含まれません。 . 給与計算を行うに伴い、 いわゆる給与規定等の整備が必要となる場合は別途協議させていただきます。税理士法人あおやま。税務会計に関するどんな質問でもご相談ください。 . また、法定調書合計表および各種届出書などにつきましても作成?提出いたします。 . 不明事項が解消しましたら、毎月の業績を貸借対照表および損益計算書の形にしてご報告いたします。同時に、証憑類も併せてご返却させていただきます。 給与計算 . 税務顧問契約を締結させていただいているお客様に関しては、以下の社会保険労務士業務もご提供させていただくことが可能.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です