いい回答とは 回答リクエストで失礼します

いい回答とは。回答リクエストで失礼します。リンクの質問のmstk085さんの回答についてです。確かに所定労働時間を超えたら8時間未満でも残
業になります。ですが残業=36協定が必要という訳ではありません。労基法36条にそう記載されており、その立法主旨は非合法の長時間労働の抑制なのは言うまでもありません。ではなぜ所定労働時間ではダメなのか具体例で説明します。まず所定労働時間は雇用契約毎に取り決められています。その為、所定労働時間が1日3時間の人と8時間の人がいる場合も考えられます。3時間の人に8時間労働をさせたいと会社側が考えた場合、mstk085さんの理論ですと36協定が必要となってしまいます。そして使用者は5時間分の36協定を求める事になりますが8時間の人からみれば書類上8時間+5時間の協定となり13時間労働を認める形になってしまいます。実際は3時間の人にだけ適用すると会社側が説明しても信用しない労働者がいる事もあるでしょうし、合意した後に協定がある事を理由に13時間労働を求める使用者が出る事も考えられますね。この様に所定労働時間の超過=36協定とすると画一的な合意が取れなくなり不合理です。労基法36条の条文をよく読んで頂ければ36協定が必要なのは所定労働時間の超過ではなく法定労働時間の超過という事がご理解頂けると思いますが、労基署へ電話で確認されても分かるかと思います。質問になっていないので申し訳ありませんが、誤った考えが広まっては不味いと考え失礼ながら回答リクエストさせて頂きました。
この質問は、さんに回答をリクエストしました。36協定と言うのは会社がではなくその職場の、ではないですか。そうしますとその職場の就業規則の労働時間が原則ですよね、だから8時間とは限らないと書いたんです。3時間のタイマーの人が例えば5時間の労働を要された場合、必ずやらなければいけないとお考えですか。又雇用契約で3時間と契約されていても8時間までは強制されるとお考えですか。3時間のタイマーを基準とした36協定は此処では成り立たない事は承知ですがその職場にとっての規定時間は協定には必要ですよね。しかし3時間のタイマーが5時間の労働が残業とはならないというのであれば何の為の時間契約をするのかとなりますよ。だから先の回答にも書いたように7.5時間の場合9時間残業した場合、残業時間は1.5時間にならないといけないんですよ、という事は時間外ですから金額は8時間超で割増しが発生しますが対価は1.5時間で間違いない事でしょ。我々の業界では実労7時間が全国統一となっていますが、36協定は、7時間超からとなっていますよ、割増しについては1時間目からの会社と8時間からの会社とに違いはありますがね。貴方の見解では我々の業界は、労働者有利の締結だとお思いだとすると、長年慣例としてきた自分は、全くの認識不足だという事になります。多分全国組織の組合ですから今更あなたの言うようには戻すことはできないでしょうね。3時間の人にも36協定が必要と書いていますが、就業規則時間の勤務時間者にたいして36協定が締結されていますから、それがタイマーにも適用されるものと考えています、本体に締結の無いものは3時間タイマーにも適用は出来ないと考えます、ようは時間外は出来ませんから。パートタイマーの協定時間の始まりを考えたらあなたの言い分だとこのタイマーは物凄い時間になりますよ、3時間+5時間+正社員同等分、となりますからね、しかし正社員と同等となればその時点で8時間になるまでの5時間は残業含むですからね。正社員が3時間残業するからお前もと言われたらこのタイマーは8時間残業する事になりますからね。これを繁忙期だからと言われ遣ったら月間160時間になりますからね。
回答頂きましたが文章が支離滅裂で要領を得ません。申し訳ありませんがmstk085さんの回答は話が飛ぶ傾向にあるようですので論点は少なくして下さい。非常に回答しづらいです。まず、なぜか3時間の労働契約をパートタイマーと仰っていますがパートタイマーに限定した話をしている訳ではありません。また私が3時間人に36協定が必要と言っているように書かれていますがそれを仰っているのはmstk085さんご自身です。mstk085さんの主張の不合理さを説明する為の例として書いただけです。更にmstk085さんがどの業界に属しているか知りませんが、もし7時間超で36協定の適用としていたらその運用が間違っています。3時間労働者をパートタイマーと解釈するなど思い込みで展開されてしまうと話がぼやけてしまい収集がつかなくなります。もしまだ疑問があるなら説明はしますので論点は少なくして下さい。
結局自分の誤りを認める事が出来ないお人のようで残念です。仮に間違っていないと信じていても自身の回答に対する指摘に対して向き合う姿勢が無いようです。せめて他の人に間違った考えを回答する前に、正しい知識なのかきちんと確認をして下さい。
いい回答とは。それと下調べがきちんとしていて、むやみに他のサイトの内容を引用せずに参考サイトとしてリンクを紹介しているものも、素晴らしい回答だと思います。 . 気を付けている事は、上に書いてある事と似ているんですが、質問者に失礼の無い言葉を使って回答しています。 いいとは言え . 短い期間でしたが、今まで回答してくださった方、リクエスト してくださった方、☆をつけてくださった方、ありがとうございました。 では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です